FC2ブログ

Article

        

長年にわたる苦悩の日々

2019/ 04/ 02
                 
A社の人に相談しながら同じようなお手入れを続けていきましたが何年たっても治らず、思うように行動できず凄く辛かった。

32歳でどうしても自立したくて一人暮らしを始め、在宅ワークを始めました。
肌は20代のころとほぼ変わらず常にカサブタが張り付いている状態でした。

20代のころから免許の更新など、どうしても顔を晒さなければいけないときなどはカサブタを取っていたんですが100%元通りになるので、完全に取らないほうがいいんじゃないかと思ってA社の人に相談して我慢して取らないようにしていました。

35歳から2年くらいはカサブタを剥がさないで我慢していたんですが当時住んでいたアパートで騒音地獄に合い、どうしても引っ越したい状況になりました。

A社の人に相談したうえで、2010年3月にカサブタを半分くらい取ってマスクをして不動産屋に行きました。
再発しても同じ程度だろうとこの時は考えていました。

それから半年くらい経ってカサブタが再発してきて、それまでカサブタが治ったと思っていた目から上の部分や今までカサブタが出来なかった耳の表と裏までびっしりとカサブタが広がってしまい、どんどん悪化していきました。

過去最大に悪化してしまって、剥がす前の何倍も酷くなりました。
今から10年以上前からA社の指導でソープで洗顔洗髪することはやめて素洗いにし、ローションパックとローションスプレーというお手入れをしていました。

カサブタの状態が酷くなればなるほど「素洗いも負担になるから控えましょう」と指導され素洗いを減らす方向に行きました(3日に1回など)

試行錯誤でお手入れは変わったのですが、洗顔は無しで素洗いのみのローションパックとローションスプレーのみを何年も続けました。

一向に良くなる気配はなく、ギトギトのアブラの塊のようなカサブタの上にローションパックをしても改善しないんじゃないか。と疑問を持つようになり、何度か「洗顔して余分なアブラを取ったうえでローションのお手入れをした方が良くなるのではないか」と訴えたのですが「とんでもない」と却下されました。

ちなみにA社の人には、このカサブタはシミだと言われていました。
頭皮の方もずっと状態が悪く、ふけやカサブタ、痒みでずっと悩んでいました。

いつからか坊主にした方が改善が早いんじゃないかと思って坊主にしたいと思うようになりました。
すぐには実行できなかったですが、2年以上前に思い切って坊主にしました。
気持ち的にはスッキリしたんですが、特に良くなることはありませんでした。

このままでは5年後も10年後も、最悪一生治らないかもしれない。と感じ出てA社に相談したり、商品を買うのをやめました。

その後は洗顔したかったんですが、頭に「アブラを取る=悪」という気持ちがまだ残っており、毎日素洗いのみで肌断食のようなことをしていました。